脱毛器は肌が強くなる大人になってからの使用がお勧めです

私は、子供の頃から腕に生えているムダ毛が嫌で嫌で、半袖の制服を着る事が本当に嫌いでした。しかし、小学生の頃に脱毛をするという知識もなかったため、ただただ周りの子に見られないようにする事で毎日を過ごしていました。そんなある日、母が何かを腕に当てているのを見ました。何をしているのかを尋ねてみると、腕のムダ毛を取っていると言われました。そんな母の腕は、ムダ毛が全然ないとても綺麗な腕でした。私もその脱毛器を使用して、自分の腕のムダ毛を取ってほしいとお願いしてみたのですが、母からは断られてしまいました。ムダ毛で悩んでいる娘の気持ちは重々分かってくれてはいたのですが、まだまだ肌の弱い小学生に脱毛器を使用して、万が一の事になってしまってはいけないという母の優しさでした。私は、こんな素敵な物が身近にあるのに、子供だからという理由で使用出来ない事にとても憤りを持っていた事を思い出します。

 そして大学生になり、友人と脱毛についての話になりました。その時、ふと子供の頃に母が脱毛器を使っていた事を思い出し、母にまだあるのかと尋ねてみました。すると母は、もう年数も経って古くなったから安全性はどうか分からないけれど、まだ置いてあると教えてくれました。そして次の日、母が私に新しい脱毛器をプレゼントしてくれたのです。小学生の頃に脱毛したいと母に懇願していた事を思い出し、大人になったら使用出来るよと言った事を覚えていてくれたようです。その脱毛器を使用し、今は肌を傷めずムダ毛のないつるつるの肌を目指しています。