自宅用脱毛器でお手入れ

私は、数年前から光脱毛専門の美容サロンで全身脱毛を行っています。光を当てるだけの簡単でスピーディーな施術方法で、痛みや熱さもほとんど感じません。肌への刺激も少なく仕上がりもきれいなので大満足なのですが、とにかく予約が取りにくいのです。2~3ヶ月に1回のお手入れが理想なのですが、サロンの空き状況と自分の都合が合わずに半年くらい間があいてしまうこともありました。さらに、光の照射漏れでまばらにムダ毛が残ってしまっている箇所もありそれがとても気になっていたので、サロンでのお手入れのサブ的なものとして自宅用の脱毛器を使い始めることにしました。

私が使っているものは、レーザーを当てるタイプのものです。ムダ毛が気になる箇所に照射するだけなので簡単に手軽にお手入れすることができます。照射後1~2週間程度でムダ毛が自然と抜け落ちます。好きなときに好きなだけお手入れができるのでスムーズに脱毛が進められます。レーザータイプのものは、照射の際に痛みを感じることがあります。お手入れをする箇所によってはパチンとした激痛をともなうこともあります。私の場合は、保冷剤で冷やしたり麻酔クリームを塗ったりして肌を麻痺させてから照射するようにしています。

痛みを感じることなく思いっきりお手入れすることができるので、効率的に進めることができました。サロンでの照射漏れで生じたまばらに残ったムダ毛も気にならなくなり、とても満足しています。

脱毛器のおかげで安全にvio脱毛ができました

私は、カミソリによるvラインの脱毛に失敗し、怪我をしたことがあります。vラインのサイド部分なのですが、剃り残しがないように何度も肌の上に滑らせていた際に、スパッと4センチほどの長さの切り傷を作ってしまったのです。

これに懲りて私は、脱毛器でムダ毛を除去することにしました。脱毛が初めてという人でも自宅で安全に使用できるという脱毛器で、口コミでも高評価を得ていたので、安心して購入できました。
実際に簡単に使用できましたし、なおかつ肌への刺激は少なかったです。使用後は多少肌がヒリヒリとしたのですが、ローションを塗ればすぐにおさまりました。しかも予想以上に高い効果が出て、vラインのムダ毛は日に日に減っていきました。

さらにこの脱毛器は、iラインとoラインにも使用できるとのことでした。デリケートな部位なので心配だったのですが、こちらもやはり強い刺激を受けることなく、安全に脱毛できました。
oラインに関しては、最初は四つんばいになって片手で脱毛していたので、難しかったです。しかし色々と試してみた結果、しゃがんでお尻を浮かした状態で脱毛すると簡単ということに気づきました。しゃがむことでoラインが広がるので、その分脱毛器をあてがいやすかったのです。

おかげで今では私のvioラインは、すっかりきれいになりました。ツルツルとしていますし、下着の中が蒸れにくくなったので、衛生状態も向上しました。もう二度と、かつてのような怪我をすることもないはずです。

自宅で使用できる家庭用脱毛器

今までお肌のお手入れをする際には、電動シェーバーを利用してムダ毛の処理をしてきたのですが、シェーバーで行う除毛ケアは生えているムダ毛しか処理することが出来ないので、時間が経てばすぐにムダ毛が伸びてきてしまうので繰り返しお手入れをするのが面倒に感じていました。そこで常につるつるの肌を維持するためにも脱毛を行う事にしたのですが、エステサロンや脱毛サロンに通うのは面倒なので自宅で行えるお手入れ方法はないかと探したところ、家庭用脱毛器があることを知り実際に利用する事にしました。

多くのメーカーより家庭用脱毛器が販売されており、メーカーによって脱毛器の価格や脱毛方法も大きく異なりますので、口コミ情報サイトを参考にどの製品が良いか調べることにしました。国内メーカーで一番多い脱毛器がムダ毛をローラーで巻き込んで抜いていくシンプルな方法の製品です。短時間で広範囲のお手入れを行う事が出来ますし、製品によっては防水機能がついているので入浴時にお手入れを行えるメリットや泡脱毛を行えるなど肌への負担を減らしながらお手入れを行えるようになっています。エステサロン並のお手入れをしたい場合には海外メーカーの製品に多いフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器が人気があります。ムダ毛をつかんで抜くタイプに比べて脱毛器の価格がかなり高い特徴がありますが、自宅でもエステサロン並の本格的なお手入れを行う事が出来ますので、高い脱毛効果を期待したい方に向いていると感じました。

脱毛器は肌が強くなる大人になってからの使用がお勧めです

私は、子供の頃から腕に生えているムダ毛が嫌で嫌で、半袖の制服を着る事が本当に嫌いでした。しかし、小学生の頃に脱毛をするという知識もなかったため、ただただ周りの子に見られないようにする事で毎日を過ごしていました。そんなある日、母が何かを腕に当てているのを見ました。何をしているのかを尋ねてみると、腕のムダ毛を取っていると言われました。そんな母の腕は、ムダ毛が全然ないとても綺麗な腕でした。私もその脱毛器を使用して、自分の腕のムダ毛を取ってほしいとお願いしてみたのですが、母からは断られてしまいました。ムダ毛で悩んでいる娘の気持ちは重々分かってくれてはいたのですが、まだまだ肌の弱い小学生に脱毛器を使用して、万が一の事になってしまってはいけないという母の優しさでした。私は、こんな素敵な物が身近にあるのに、子供だからという理由で使用出来ない事にとても憤りを持っていた事を思い出します。

 そして大学生になり、友人と脱毛についての話になりました。その時、ふと子供の頃に母が脱毛器を使っていた事を思い出し、母にまだあるのかと尋ねてみました。すると母は、もう年数も経って古くなったから安全性はどうか分からないけれど、まだ置いてあると教えてくれました。そして次の日、母が私に新しい脱毛器をプレゼントしてくれたのです。小学生の頃に脱毛したいと母に懇願していた事を思い出し、大人になったら使用出来るよと言った事を覚えていてくれたようです。その脱毛器を使用し、今は肌を傷めずムダ毛のないつるつるの肌を目指しています。